激変の時代に求められている「戦略人事」とは|仕事内容や求められるスキルも紹介

人事部の仕事は従業員の管理業務がメインの業務だと思われがちですが、最近では人事も攻めの戦略をとる戦略人事というキーワードが注目されています。

時代の変化が激しい中、業界のニーズに合わせて、企業は人材を採用、配置していく必要があります。そのため戦略人事の存在は企業においても非常に重要な役割を担っています。

今回は戦略人事の概要や特徴、戦略人事が求められている理由について説明したいと思います。

戦略人事とは

戦略人事とは、1990年代にデイビッド・ウルリッチなどによって提唱された「人事部は従来の管理業務を中心とした人事から、事業戦略の実現をサポートするより戦略的な人事に転換すべきである」という考え方のことです。

従来の人事のあり方とは異なり、人事部が経営戦略により深くかかわり、経営者とともに企業の競争力を高めていく存在が戦略人事です。

戦略人事の仕事内容

従来の人事業務は労務や管理業務などがメイン業務であったため、人事の仕事はバックオフィス業務というイメージがありました。

しかし、最近注目されている戦略人事では、それらの業務だけに留まらず、競合他社との差別化・優位性を人事面から構築する施策も、戦略人事の仕事内容です。

人事業務は当然のことですが、採用だけではなく、育成、評価、報酬、労務、人事情報管理なども含まれています。

なかでも、戦略人事を展開する上で、人事部には次の4つの機能が重要といわれています。

BP:ビジネスパートナー

ビジネスパートナーは「人事が経営者のビジネスパートナーになる」という考え方です。

従来の人事部はほかの部署と密接に関わることが多くないため、現場の状況について詳しくないことも多くありましたが、今後は裏方だけに徹するのではなく、各部署と連携し、経営者と2人3脚で経営戦略を実行することが求められています。

OD&TD:組織開発&能力開発

企業理念を浸透させ、企業成長のために組織開発していく上で、戦略人事の存在は欠かせません。

組織内の従業員同士の関係性や各個人の特徴などを見極め、働きかけをおこなうことで個人のパフォーマンスを最大限に引き出すことも戦略人事に求められている一つです。

結果として、ビジネスで求められる人材が育成され、社内でイノベーションが生まれる可能性を最大化します。

CoE:センター・オブ・エクセレンス

CoEの主な役割は、報酬を調整したり、経営者候補の育成、企業グループの理念や行動規範の決定などを担います。

人事業務の中でも全社視点の戦略を必要とする機能となります。

Ops:オペレーションズ

給与計算や入社事務、退社処理といった具体的な人事業務のことをOPsといいます。

こうした重要な従業員のデータを正確に管理し、新たな経営戦略を実施していく上で、重要な基盤となります。

最近ではこうした業務をアウトソーシングし、よりコアな業務に集中する企業も増えてきています。

戦略人事がいまなぜ求められるのか?

戦略人事がいま求められている背景には、テクノロジー発展、グローバル化があります。

テクノロジーが発展し、新しい事業や職種、スキルが増え、また海外の顧客と取引する機会が以前と比べて増加しました。

このように、急激に変化する時代に対応するには、企業側もその変化スピードに追いついていく必要があります。

しかし多くの企業では、その重要性を理解しているにもかかわらず、戦略人事の概念がまだ浸透していないのが現状です。考えられる理由として大きく3つが挙げられます。

経営戦略に一貫性がなく不明確

経営戦略に深く関係する戦略人事は、戦略が明確に示されていない場合、効果が出ないこともあります。

また人事と経営者との立場が対等でないと、人事からの提言を受け入れられず、人事戦略が経営に反映されないことが起きる可能性もあります。

人事部門に経営に携わる。

「労務が人事の仕事」という従来の考え方を企業が持っていると、明確な経営戦略があっても、戦略人事に落とし込むことができなくなってしまいます。

従業員が変化に非協力的である。

戦略人事には組織改革が伴います。そのため変化を嫌う従業員にとっては導入に抵抗があるかもしれません。

この場合、戦略人事が従業員にとって不利益にはならないことを説明して従業員の意識改革が並行して必要といえます。

まとめ

いかがだったでしょうか。 ITが発展し「人」と「組織」の比重が高まっている今、人を見るプロフェッショナルである人事には、さまざまな視点が求められています。

従来の概念にとらわれず、人事の立場から企業の戦略に携わることで、経営の幅を広げ、変化の早い社会に柔軟に対応しましょう。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!