採用や労務だけじゃない。人事が実際におこなう6つの主な業務とは

人事の業務は、従業員の情報管理や給与計算など事務作業が多く、地味なイメージを持っている方は少なくありません。

実際は人事の業務は事務作業だけでなく、経営戦略など企業の中枢に携わり、企業の未来を決定していく重要な役割を担っています。

今回は、実際に人事担当者が実施している主な業務について紹介したいと思います。

これから人事業務を担当する方や、人事を担当してまだ間もない方は是非参考にしてみてください。

人事の仕事は大きく6つに分類される

 

実際、人事が携わっている業務を紹介します。今回は企画、採用、教育、評価、労務、タレントマネジメントの6つに分けて紹介したいと思います。

企画 ・立案

企業の経営目標を達成するために、人事に関する施策を企画・立案する業務です。

具体的には、人材教育システムを構築、その年度の採用方針の決定、評価基準・サイクルの見直しと改訂、報酬や人員配置の見直しなどをおこなうなど、企業成長のおいて重要な任務となっています。

採用関連

人事業務と聞くと、「採用」というキーワードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

採用の種類の中にも、新卒採用、中途採用、パート・アルバイト採用、派遣スタッフ対応などいくつかの種類があります。

採用の主なフローは、求人広告を投稿からレジュメのスクリーニング、面接、内定出しまで、多くのステップを経て優秀な人材を獲得します。

教育・研修関連

人材の研修・教育業務をおこないます。教育内容は多岐にわたっており、仕事を進める上で必要な基本的スキルを身に付けさせるものから、各事業部で働く上で必要な知識を身に付ける研修、また自己啓発を目的とした研修などがあります。

従業員の教育や研修は、自社内で企画・実行することもあれば、専門の会社に代行してもらったり、コンサルタントに依頼することもあります。

評価関連

人事評価をおこなった上で、それを報酬に反映していきます。

評価する項目としては、業務上求められるスキルや知識をみる能力評価、実際の成果をみる業績評価、意欲や行動、勤務態度をみる情意評価などがあります。

評価方法は事前に社員自身がたてた目標に沿って、その達成度をはかるものや、人事や上司以外の視点も含めた360°評価などがあります。

労務関連

勤怠管理、給与・福利厚生計算、健康診断などの安全衛生管理、社員の結婚や出産など、ライフイベントに沿って生じる必要な諸手続きの管理、労使関係管理などが挙げられます。

労働基準法をはじめとした様々な法と関係することが多く、労働法に精通していることや、コンプライアンスを果たすことが求められます。

タレントマネジメント

従業員が持つタレント(能力や才能)を把握し、計画的な教育を実施したり、人材を適所に配置したりすることを指します。

タレントマネジメントには、従業員それぞれの経歴や資格、スキルなどの他に、社内で関わったプロジェクトの種類や成果などを一元管理して可視化し、データを分析する必要があります。

そのため、クラウド型のサービスが活用されることもあります。

なぜ企業には人事が必要なのか

人事情報を集約し、最適人事配置を実施

人事情報の集約し、従業員の特徴などを分析することで、素早い人事異動などをおこなうことが可能になります。

人事部がなく、従業員の人事情報が現場に点在している状態であると、業界の変化に合わせて迅速かつ適切な人事判断をおこなうことが難しくなってしまうからです。

現場に人事を委ねると非効率になる可能性も

現場ではヒト以外にも、モノやカネといった経営資源への責任も担っています。

そのため、 現場でヒトという経営資源を最大限に活用するために、施策をじっくり練ることが難しい場合もあります。

重要な経営資源であるヒトの活用を、プロフェッショナルである人事が存在することで、効率的な人材配置や能力開発が可能になり、企業のさらなる成長に貢献します。

モチベーション管理

現場で売り上げを必死に追っている際は、ときに「部下の育成」の優先順位を下げてしまうこともあります。

そうすると、部下は自分の役割を見失い、モチベーションの低下をまねくことになりかねません。

人事部による定期的なチェックによって、従業員のモチベーションを管理する必要があるのです。

人事の仕事のやりがい、魅力

従業員の成長を見届けることができる

従業員の成長を見届けることができるのは、人事の大きな魅力ではないでしょうか。

人事は採用や昇給など社員のキャリアに関わることが多いので、自分が採用や教育に関わった社員が社内で成長し、結果を出している姿をみることは、仕事をする上で大きな喜びになるでしょう。

組織経営を支えている実感

企業で必要な要素は「ヒト・モノ・カネ・情報」といわれています。

人事はその中でも「ヒト」を通して会社の経営・成長を支えています。優秀な人材の採用、優秀な人材へと育成を通して企業の成長に貢献することで、大きなやりがいを得ることができます。

様々なものの見方が身につく

人事は社内外の人と関わる機会が多くなります。また採用面接などでは、応募者と企業の価値観がマッチしているかを見極める必要があります。

そのため、人事の業務を通して様々な価値観に出会うことが多くなります。普段の人付き合いでは出会えないような人から、新たなものの見方を得られることも魅力の1つではないでしょうか。

まとめ

人事は従業員の管理を通して会社の目標を達成することを目的としています。

人事情報を集約化し、迅速な人事異動や従業員のモチベーション管理のために人事は必要ですが、その業務は多岐に渡っています。人事の仕事を通して人と関わることで得られる喜びは、他では得ることのできない魅力ではないでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!