企業の活動の中でも重要な人事労務。労務が担う役割や仕事内容とは

人事の業務の一つに「人事労務」という仕事があります。人事労務はバックオフィス業務が多く、正確な作業を求められることが多いなど、ネガティブなイメージももたれがちです。一方で人事労務は、企業活動を円滑におこなうためにも不可欠な役割を担っています。

今回は、労務が企業に求められている理由や、仕事内容なども紹介しています。

労務はなぜ求められているのか

企業は活動していく上で、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」が重要な経営資源といわれています。

労務はこの重要な経営資源のひとつ「ヒト」に大きく関わる仕事となります。企業によっては人事と労務を兼任する部署などもあり、労務担当者は従業員をサポートし、企業活動を円滑にする役割があります。

労務が担当する業務では、労働の法律にも関わってくるため、業務をおこなう際には正確性が求められます。

そのため、従業員の給与未払いや残業時間の管理を怠ると、法を犯すことにもなりますので、企業にとって人事労務はなくてはならない存在といえます。

また他にも人事労務は、従業員にとって働きやすい環境をつくり、従業員のやる気や労働生産効率を高め、企業の業績に繋げるという重要な役割を担っています。

人事と労務の違い

人事が従業員を対象にした業務に対して、労務は会社全体を対象にした業務を担います。

人事:従業員各個人のためにおこなう業務

採用活動

会社の経営企画から年間採用計画を作成し、その計画に伴って採用活動を実施していきます。こちらは会社の経営なども理解する必要があり、経営視点や長期的な視野が求められます。

従業員の配属

企業が利益を最大化させるためには、人材を適切な場所に配置し、従業員の能力を最大化する必要があります。各従業員の過去の活動内容や実績から、個人の正確や特徴などを見極め、その人にあった適切な部署に配属します。

社内研修

社員のそれぞれの段階にあった研修をおこないます。入社して間もない社員を対象にした研修、入社して数年経過した社員を対象とした研修、またチームリーダー、マネージャー、部長を対象とした研修など、それぞれの階級にあった内容の研修を企画します。

評価

従業員のモチベーションを左右する評価基準は、公平に従業員を評価するために客観的な評価基準が必要となります。それらが給与にも反映されますので、重要な役割となります。

労務:「会社全体」を対象にした業務

給与計算

従業員の賃金を計算する仕事です。ただ働いた時間や日数を計算すればいいというわけではなく、給与から所得税などの税金も引かれるので、複雑な作業になるので正確さが求められます。

社会保険関連の手続き

健康保険や雇用保険など、従業員の保険の手続きをおこない、必要書類を機関に提出します。

入社・退職の手続き

従業員が入社するにあたって、必要書類の交付、その他提出などが求められる書類の連絡をします。退職時も同様に、雇用保険に関する手続きや入退社時手続きをスムーズにおこなうために、書類などをしっかりと管理することが求められます。

就業規則関連

就業規則は法律の定めに従って内容を決定する必要があり、給与や労働時間、休暇など従業員が企業で働くにあたって決めなければならない規則を設定します。

労務に向いている人の特徴

労務の仕事内容を簡単に紹介してきましたが、労務の仕事は法律に関わることも多いため、正確な作業が求められます。

そのため、複雑で正確な仕事でも、地道にコツコツと処理し、同じ作業を繰り返しおこなうことができる方は、労務の仕事に向いているのではないでしょうか。

また、作業をするだけでなく、法律に関する知識なども獲得していく必要があり、自ら学習していくことが好きな方は労務に向いているかもしれません。

労務に向いている人の他の特徴をまとめると以下になります。

コミュニケーション能力が高い

一見、労務は事務作業が多く、人との関わりが少ないと思われがちですが、労務関連の書類の不備などがあった際は、他部署の人とも連携する必要があります。

また、書類の不備などはトラブルにもつながるので迅速な対応が必要となり、その際に調整する能力などが求められます。

情報管理をしっかりできる

労務の仕事で扱う情報は、提出される書類や給与などに、多くの個人情報が含まれています。そのため情報漏えいなどが起きると、会社に大きな損失に繋がる可能性も大いにあります。

また、重要な書類を紛失するだけでなく、口頭で秘密事項をうっかり喋ってしまうことも、大きな損害に繋がりかねません。情報や機密事項を厳重に管理できるような慎重に物事を考えられる方は、労務に向いているのではないでしょうか。

学習意欲がある

労務の仕事は労働に関する法律の専門知識が必要となります。

そのため、労働に関する知識を学習していくともに、働き方は常に多様化しているため、それに伴い法律がかわることもあります。

そうした変化にも対応し、仕事を進めていくような向上心のある方は労務に向いているといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。労務はバックオフィス業務が多く敬遠されがちな業務になりますが、企業においては不可欠な役割であり、企業が活動していく上で欠かせない機能となります。

これから労務を担当することになった方や、担当して間もない方の中で「労務は大変だ」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、企業の重要な役割で、企業から強く求められる存在であることを認識していただければ幸いです。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!