勤怠管理システムの「生体認証打刻」とは|特徴やサービスなども紹介

こんにちは。最近は技術の進歩とともに多様な打刻方法ができる勤怠管理システムも増えていきました。今回はその中でも、「生体認証」を活用した勤怠管理システムを紹介したいと思います。

生体認証打刻は、利用者の生体情報を読み取って本人であるかどうかを確認し、身体的特徴に基づく生体情報のうち「指紋」「静脈パターン」「顔」の生体情報が使われます。

では、実際にどのような種類の生体認証を活用した勤怠システムがあるのか、また生体認証の機能を搭載した勤怠システムのサービスについても紹介したいと思います。

生体認証の種類

指紋による生体認証打刻

指の表面には、隆線と呼ばれる線状のわずかな突起によって作られる構造、つまり「指紋」があります。この指紋を、センサーが読み取って画像データとして記録します。

利用者が出勤と退勤のたびに機械に指紋を読み取らせると、機械はあらかじめ記録されている指紋の情報と照らし合わせて、本人かどうか判断します。本人確認ができたら、その時間を出勤・退勤時間として記録すれば勤怠打刻が完了になります。

静脈パターンによる生体認証打刻

体の表面には、「静脈」という血管が通っています。人間の血管構造は全員が同じ構造を持っているわけではなく、個人がユニークな特徴を持つために、生体認証の情報として使われるのです。

その認証方法は、手のひら指先に赤外線の光を当て、黒く移った静脈の影で判断します。指紋認証と同様に、あらかじめ記録しておいた静脈パターンのデータと、打刻時に読み取る静脈パターンを機械が照らし合わせて、本人確認をします。

静脈パターンによる生体認証は高精度であることが特徴で、指紋認証よりも高いといわれています。

顔による生体認証

顔認証は利用者の顔のパーツ・全体のバランスを読み取り、元の写真データと照合して本人確認をおこなう生体認証です。指や手をかざす操作と、専用の機械が不要である点が特徴です。

現在では研究が進み、顔の表情や向き、経年変化が加わっても、性格に機械が判断する技術が高まっています。

生体認証打刻のメリット

生体認証を利用した打刻方法には、出勤簿やタイムカード、ICカードを使った打刻方法にはないメリットがあります。そのメリットを企業側と従業員側に分けて説明します。

企業にとってのメリット

・不正打刻を防ぐことができる

・管理コストを削減できる

従来のタイムカードでの勤怠時間を記録する方法は、本人以外の人でも記録することができてしまいます。

そのため、本人がその場にいなくても出勤・退勤ができる、不正打刻が起こる可能性もあります。一方で、生体認証打刻は本人以外はおこえないため、不正打刻を防ぐことができます。

また、従業員一人ひとりにタイムカードやICカードを配布する必要がないため、コスト削減にもつながります。

従業員にとってのメリット

・操作が簡単で作業時間を短縮できる

・カードなどを個人で管理する必要がない

生体認証は専用の機械に手をかざしたり、顔を向けたりするだけで打刻ができます。操作がとても簡単でスピードも早いため、時間がないときにはとても便利です。

タイムカードやICカードと異なり、自分の体ひとつで打刻ができるため、紛失の心配もありません。

生体認証を搭載した勤怠機能まとめ

JOBCAN

特徴
  • ICカード、静脈、GPSなど多様な打刻が可能
  • チームやグループごとに柔軟に勤怠管理の設定が可能
  • 100個以上の項目をチェックし、各企業に最善な勤怠管理システムにカスタマイズすることが可能
料金
60THB/名~120THB/名
企業名:Donuts Co. Ltd.
URL:http://www.jobcan.in.th/

Cloud TA

特徴
  • 指紋認証、IDカード打刻が可能
  • スマホのアプリを用いてGPSや写真撮影で打刻が可能
  • Bluetoothによって5メートルから10メートルの範囲に入った際に自動打刻が可能
  • Microsoftの顔認証テクノロジーでプロフィールに登録された写真と照合し、顔認証で打刻をすることが可能
料金
  • 1-25名 の場合
    1500 バーツ /月
    16200 バーツ/ 年
  • 901-1000名の場合
    31000バーツ / 月
    334800バーツ / 年
企業名:INNOVA Software Co., Ltd.
URL:https://cloud-ta.com/

TimeMint

特徴
  • GPS、QRコードやBeacon、指紋認証で打刻が可能
  • 料金形態も柔軟なので、急な従業員が増加に対しても対応可能
  • LINEで出勤や退勤の情報を受け取ることができる
料金
詳しくはお問い合わせください。
企業名:TimeMint.co
URL:https://www.timemint.co/

Biosoft cloud

特徴
  • 専用のデバイスを購入する必要はなく、スマホに内蔵されている指紋認証機能で打刻が可能
  • セルフィー写真撮影で出勤が可能
料金
月々 2000バーツ / 50ユーザー
〜8000THB / 400ユーザー
企業名:HP Intelligence Co., Ltd.
URL:https://www.biosoftcloud.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。生体認証打刻は、小売店や飲食店など、規模の小さい店舗で導入されていることが多くあります。

忙しかったり、アルバイトの人数が多い店舗では、すばやく打刻できる生体認証打刻が向いているといえます。

勤怠管理の工数やコストの削減などを考えられている企業は、生体認証の勤怠システムを導入してみるのもいいかもしれません。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!